エコパッケージ

最近、あらゆる業種でCO2排出量の規制や削減が課題となっていますがCD/DVDの場合、本体ディスクは勿論のこと、そのプラスチックケースにもこれらの環境への影響は無視できません。特にプラスチックケースには本体ディスクの3倍から4倍ものプラスチックが使われています。

このプラスチックケースを紙ジャケットで置き換えることで、環境負荷は非常に小さくなります。たとえば、1枚のCD/DVD用ケースに使われている素材のCO2排出量は、プラスチック製では230gですが、紙製ならたった15gで済みます。つまり、紙ジャケットを使えばCO2排出量を93%もカットできるのです。また、紙ジャケットはリサイクル、廃棄など環境面で多くのメリットがあるエコパッケージです。

私たちは低環境負荷社会の実現のために少しでも貢献したいと考えます。

1. 紙ジャケットはCO2削減に寄与します。
紙ジャケットは木材から作られています。木材は植林により再生産可能でしかも樹木は成長時に大気中のCO2を吸収します。
2. 紙ジャケットはCO2排出量を激減します。
製造時、保管時、輸送時ともプラスチックケースと比べてCO2排出量を低減します。原料のCO2排出量を比較しますと、紙ジャケットは、プラスチックケースの約1/15で93%カットできます。
(※1)1g当たりのCO2排出量
(※2):プラスチック=5.1g、紙=1.0g
1ケースあたりのCO2排出量:プラスチックケース=230g(45x5.1g)、紙ケース=15g(15x1.0)
※1 組立、運搬、保存のためのCO2排出量は含みません。
※2 滑ツ境情報科学センター資料より。
3. 紙ジャケットは環境保全原料を使用できます。
紙ジャケットは原料として、バージンパルプだけでなく、再生紙、森林認証紙などの原料を指定使用することができ、環境保全に貢献します。
4. 紙ジャケットは利用時に大きなゴミを出しません。
紙ジャケットは、配送時、あとでゴミになるクッション材など特別な梱包を必要としません。専用封筒に入れてそのままお送り頂けます。
5. 紙ジャケットはリサイクルが容易です。
紙のリサイクルのための不要紙の回収は、社会システムとして確立しています。また、回収された不要紙は、再生紙となって幅広く紙製品に使われています。
6. 紙ジャケットは安全に廃棄できます。
不要になった紙を埋立、焼却などの方法で廃棄するときに、プラスチックと比べて安全に処理できます。

環境負荷の少ない、紙製ディスクパッケージ(PDF)